ブログ

ブログ詳細

MAG2news 「大阪の奇抜すぎる「ゴミ処理場」」


大阪ごみ処理場 (1) 

スポーツアイランドとして知られる大阪北港の人口島・舞洲(まいしま)。レジャー施設や物流拠点が連なるこの島に、突如現れる巨大で不気味な建物。それが、大阪市が運営するごみ処理場「舞洲工場」です。

大阪らしい(!?)ド派手なデザインが人気となり、国内だけでなく、海外からの観光客も訪れています。その派手な外観から、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)と間違ってしまう人もいるのだとか。 

 

大阪ごみ処理場 (4) 

工場が完成したのは2001年。

2008年夏季オリンピックの招致を目指していた大阪が、当時その活動の一環として、ごみ処理場をランドマークにすることを目指し609億円の事業費をかけて建設されました。

一度見たら忘れられないこの奇抜な外観は、オーストリアの首都ウイーン出身の芸術家であるフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏によってデザインされたもの。自然保護建築としても有名な彼が目指したのは、この建物が地域に根ざして、技術・エコロジー・芸術の融和のシンボルとなることでした。 

 

大阪ごみ処理場 (2) 

自然界に直線や同一物が存在しないことから、各所の形状には意識的に曲線が採用されており、建物は自然との調和の象徴として多くの木々や植物に囲まれています。この緑化は、大阪の人々、そして工場の人々がきれいな空気で働けるようにと、フンデルトヴァッサー氏による配慮でもあるそうです。

また、中で何が行われているかを建物の外観が伝えられるようにと、所々に見られる壁面の赤と黄色のストライプは、ごみ処理場として、工場の内部で燃焼する炎をイメージして表現されているそうです。 

 

大阪ごみ処理場 (3) 

ランダムに取り付けられている窓。これらのほとんどは飾り物

 

焼却施設の処理能力は1日で900トンとのこと。ひとりが1日に出すごみの量が平均1キロということなので、ここでは、1日に90万人分ものごみを処理している計算になります。 

大阪ごみ処理工場 (2) 

 

フンデルトヴァッサー氏のファンも多く訪れるというこの舞洲工場は、海外からの訪問者も多く、2001年の稼働開始以降、2014年に工場見学者数が合計20万人を突破したそうです。これからも、一味違った大阪の名所として人気スポットになりそうですね。

大阪ごみ処理工場 (1)

 

 

 

 

 

 

 

鑓水建設株式会社 ロイヤルハウス筑後北店

本社
〒839-1411 福岡県うきは市浮羽町流川77-2
TEL 0943-77-5276
FAX 0943-77-5372

当社Facebookはこちら
http://on.fb.me/1NtvIi6
  • facebook
  • twitter