家づくりにかかる費用

費用や保険・支援制度を活用しましょう

家を建てる費用はもちろん建てたあとの暮らしも大切

gf1420572694l

家づくりの資金計画というと、建築に関わるお金のことばかり考えてしまいがちです。でも、住まいの夢は、完成したあとの暮らしにあるはず。ゆとりのある暮らしを送ることができ、ご家族皆さんのライフステージに応じた出費にも対応できて、はじめて本当の資金計画と呼ぶことができるのです。 ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談して、無理のない資金計画を立てるのも良いでしょう。ファイナンシャルプランナーは、家づくりをまかせる住宅会社を通じて紹介してもらうこともできます。

住宅ローン選びと、ローンと自己資金のバランスがポイント

gf1140251834l

ほとんどの方が自己資金に住宅ローンをプラスして、建築費用に当てられます。住宅ローンは、公的なもの、民間のものを含め、選択肢が広がっており、融資条件や金利など、それぞれに特徴があります。ご家族のライフプランに合わせて、もっとも適したローンを選びましょう。また、月々のローン返済額と総返済額は、自己資金(頭金)と返済期間によっても大きく異なります。 新しい住まいで快適な毎日を過ごすか、ローンに追われてあくせく働くか。ローンの選択と計画の内容は、ご家族のライフスタイルを決めるポイントになります。

本体工事費だけではない家づくりの費用

5C3886EADCAA9B5641D6

家づくりには、様々な費用がかかります。それは、「本体工事費」・「別途工事費」・「諸費用」の3つで構成されています。 本体工事とは、土台や基礎、柱などの躯体から外装・内装・建物に付帯する水道・電気などの工事をいいます。本体価格や、いわゆる坪単価として扱われるのはこの本体工事費を指しています。

瑕疵保険

瑕疵保険制度とは
新築住宅に瑕疵があった場合に、修補などを行った住宅業者に保険金が支払われる制度です。
消費者を守る仕組み
保険法人への保険金の触節請求
住宅業者が倒産しているなど、修補などが行えない場合、発注者・買主は保険法人に対し、瑕疵の週日などにかかる費用【保険金】を請求できることが出来ます。
請負人・売主と発注者・買主との間で紛争が生じた場合、指定紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理手続き(あっせん、調停または仲裁)を利用することが出来ます。
  • facebook
  • twitter