家づくりのよくあるご質問

家づくりのよくあるご質問

Q.ハウスメーカー・フランチャイズ・工務店・設計事務所の違い、メリット・デメリットを教えてください 

ハウスメーカー:大手ならではのブランド、知名度、安心感や安定した独自の品質を得ることができます。営業から設計、工事、アフターまで体制が整備され、品質や技術を高めるため研究にも力を入れ、差別化した独自の規格住宅を提供しています。しかし、独自がゆえ他の一般工法などには無知で、建築士の免許も持たない営業マンがマニュアル通りに動きます。また、多額の広告費他経費がかかるため住宅コストは高くなります。

工務店:小さな会社(大工さん)のイメージを持たれてると思います。設計・施工・アフターまで一社で手がけるケースが多く、近所の会社なら入居後もなにかと頼りになるでしょう。住宅コストは不要な経費を抑えていますので、安くなる傾向になります。一概には言えませんがローコストをうりにする工務店も多く、材料の品質・技術が不安です。また、最新の商材・技術・助成金などの市況動向の勉強不足は否定できません。

フランチャイズ:ハウスメーカーと工務店の特徴を併せ持つのがFC。本部が新商品の開発や部材の一括仕入れなどを行い、地域の工務店が施工を担当する。完成保証や品質保証などの保証体制が整っているケースが多いです。本部の優れた技術・工法はメリットとなりますが、住宅コストは少しあがるのはデメリットです。

設計事務所:「細部までこだわった家をつくりたい」と思うなら、設計事務所(建築家)に依頼する方法もあります。建築家がそれぞれの作風・知見でオリジナリティの高い住まいを設計してくれるでしょう。実際の施工は建築家が紹介する工務店、若しくは入札による落札社が手がけるケースが一般的です。建築家に設計を依頼すると設計費・監理費は工事費の数パーセントです。総工費を抑えるために入札するのでしょう。

 

 

Q.坪単価の本体価格はどこまで入っていますか?

各社によって様々です。通常、本体価格+付帯価格+その他価格=工事費見積価格です。

坪単価は様々な方法で安く見せかけることが可能です。そのため、本体の坪単価では各社比較はできません。

結局はトータルでの坪単価となります。

弊社は本体坪単価は40万円程度~、トータル坪単価のオススメは50万円~です。オススメ仕様であればハイレベルとまでは、いきませんが他に見劣りしない家づくりが可能です。

別途費用は、外構造園工事費・盛土造成工事費・上下水道引込工事費・地盤改良工事費・家具費・家電費・消費税・各種税金 等です。ご要望があれば住宅ローン及び建築資金計画試算表をシュミレーションします。余裕のある住まいづくりを提案いたします。

 

 

Q.モデルハウスはありますか?

モデルハウスを建てますと多額の経費がかかります。その経費は住宅コストへ反映せざるをえません。コスト削減の観点から弊社はモデルハウスは所有しておりません。そのうえで、実際に人が住まわれている家をご覧頂き、住まれている方のご意見・ご感想をお伺いすることが、お客様の参考となると考えます。

また、完成見学会・現場見学会は随時、行っております。是非、ご来場のうえご見学の程、宜しくお願いします。

 

 

Q.新築を考えていますが、どの段階から料金が発生しますか?

計画・立案・プランニング・お見積(概算)までは無料です。

ご契約後の確認申請図作成から費用が発生します。また、費用が発生する際は事前に担当者がお知らせ致しますのでご安心ください。

新築のご計画があるのであれば、早めのご依頼をお待ちしています。無料ですし、参考になると思います。

お断りは残念ですが、弊社の努力、誠意、知見不足と考えます。

 

 

Q.新築住宅の完成までの期間を教えてください。

一般的な大きさ、40坪程度の木造2階建て住宅でお答えします。

地鎮祭から基礎完成まで1ヶ月、上棟から造作完了まで1.5ヶ月~2ヶ月、仕上げ工程で1ヶ月、予備など考慮して合計約4ヶ月でのお引渡しとなります。

円滑かつ順調な工程には、お客様のご協力が不可欠です。ご一緒に良い住いづくりができれば幸いです。

 

 

Q.工事中に大工さんにお茶出しなどの必要ありますか? 

工務中の大工さん、職人さんたちへのお茶やお菓子のお気遣いは基本、お断りさせていただいております。現場監督を始め大工さんや職人さんは一生懸命、作業させていただきますので、どうぞお気づかなく。しかし、どうしてもと言われるお施主様がいらっしゃいます、その時はお断りすのは失礼になります。よって、有り難くいただきます。

お気遣いくださるお施主様には、お忙しいなかに、本当に頭がさがります。

 

 

Q.工事の進行中、仕上げ材の変更・提供、間取りの変更は可能ですか? 

仕上材の変更は可能です。ですが、なるべく早くおしらせください。仕上材によって、下地材が変わる可能性があります。また、下地工事が終了している場合は手直し工事が発生するケースがあります。その時は、基本的に追加工事となりますので料金が発生します。仕上げ材の提供については、室内に使用できる建材には規制がありますので、こちらも早めにおしらせください。

また、確認検査を受ける前に「軽微な変更届」を提出しなければなりません。

間取りの変更も可能です。ですが、床面積が変わると「計画変更」となり、再度、確認申請をしなければなりません。証紙代など費用が発生します。できうる限り、綿密な打合せが必要ですね。

 

 

Q.地鎮祭や上棟式は必要ですか?また、何をするのですか? 

地鎮祭は、神社やお寺に依頼して、その土地(四神の神様)をお祓い清め、工事の安全と 家内息災を祈願するものです。必須です。

上棟式にも同様の意味があります。上棟時、5色の幕を真竹に取付け掲げますね。5色の幕の色は土地の4方と中央の神様の色です。青龍・朱雀・白虎・玄武・麒麟となります。家を建てる時、記憶に残る行事のひとつです。最近はあまり見かけなくなりましたが「餅まき」もこの日に行います。任意です。

 

 

Q.注文住宅を検討していますが、成功する家づくりの秘訣はありますか? 

注文住宅なら基本的にどのような家づくりも可能です。ご家族で十分に話し合いイメージを固めておきましょう。施工店と十分に打ち合わせを重ね、希望をはっきり伝えれば、満足できる家ができあがるでしょう

思い描くイメージは、なかなか言葉では伝わりにくいですね。できれば外観・間取りはイメージ画像をご提供いただくと円滑なプラン作成⇒工事⇒竣工へと進捗することでしょう。

 

 

  • facebook
  • twitter