ロイヤルSSS構法

「ロイヤルSSS構法」 進化した木造住宅

「ロイヤルSSS構法」 とは木のポテンシャルを最大限に活かす家

  • Smart 美しく賢い家

    木肌の美しい”あらわし梁”や開放感たっぷりの”大空間デザイン”で、美しく心地いいインテリア空間が実現。
    コストの面では、建築現場の合理化や輸送の効率化など、独自のスマートハウジングシステムで「無駄のない」家づくりを行います。

  • Strong 強さがつづく家

    先端テクノロジーに加え、木の強さやしなやかさを活かす革新的なピン結合で、優れた耐震性と耐久性を実現。
    ロイヤルSSS構法の住まいは耐震、耐久、省エネルギーなどの厳しい性能条件をクリアする長期有料住宅に適合しています。

  • Safety 安心できる家

    ロイヤルハウスの住まいは、(財)日本住宅・木材技術センターが認定する「木造合理化システム」で建てる信頼の住まい。
    さらに強度を実証する性能実現、第三者機関による建築工程の検査を推奨するなど、安心の住まいをお届けするために厳しいチェック体制を敷いています。

2013年「ロイヤルSSS構法」GD賞を獲得しました

世界最大級木造建築物(所沢市民体育館)の開発で磨かれた革新的テクノロジー

建てた時の強さがつづく家 木痩せするほど強くなる逆転の発想「引寄せの技」

 木は内側に向かって収縮する性質を持っている事を、昔から大工工たちは知っていました。日本の伝統的な木造加工技術である仕口は、収縮する程に強度が増すように造られていたのです。
 一方、現代の木造住宅は、接合部を高めるために、柱と梁をボルトとナットで固く接合する金物工法が主流。しかし、無垢材は経年劣化変化によって収縮等が避けられず、長く住まう間に、徐々に接合部が弛んでしまうという課題が残されていました。
 天然素材である木材が持つ本来の、強さ、美しさ、しなやかさ、心地よさなどを活かせる最適な方法はないか?
 これを解決したのが、「ロイヤルSSS構法」です。この構法は、柱の外側で接合する従来の金物工法の弱点を克服。柱の中心部でガッチリ接合する、温故知新のテクノロジー「引寄せの技」によって、経年変化による接合部の弛みがなく、逆に強度が増すという画期的な構法です。

強さがつづく。革新的な接合テクノロジー

 これまでの木造建築は、ボルトとナットで木組を結合してきました。新開発の「ロイヤルSSS構法」は、ボルトやナットを使わない新発想。木の中心部で、アップルピンとドリフトピンが絡み合うように引寄せあって、ガッチリ結合します。
 このため建築後の木痩せによって、木が中心部に向かって収縮すればするほど、隙間がなくなり、密着度が増すという画期的な仕組み。柱と金物の間に隙間をつくらないことで結露による錆びや腐れの心配が軽減され、木本来の強さが長持ちします。
 「ロイヤルSSS構法」なら強さがつづく、安心の家づくりが実現します。

錆びにくい高耐久金物を使用 木本来の強さを活かす断面欠損低減

 アップルピンなどの金物は、高耐久素材としてマンホールの蓋や自動車のエンジンにも使われるダクタイル鋳鉄を使用。
 柱と梁をガッチリ結合し続けます
 在来工法では地震の際、柱と柱、柱と梁などの部分に大きな負荷がかかり。在来工法では、接合部分に大きな掻き込みを入れる必要があったため、残された断面が小さくなり、金物で補強することで、強度を保ってきました。「ロイヤルSSS構法」では独自の金物を使うことで断面の掻き込みを最小限に抑制。
 木本来の強さを最大限に引き出します。

より美しい木組の家 金物が邪魔しない、木肌が美しいあらわし梁

 伝統的な木造建築の木組の美しさを革新的なテクノロジーで再現。一般的な木造建築のように金物が表に露出しないので、スッキリきれい。美しい仕上がりで、デザインの幅が広がります。
 構造材である梁を仕上材で隠すのではなく、美しい木肌をそのまま見せる「あらわし梁」。「ロイヤルSSS構法」では、この「あらわし梁」のリビングや寝室を実現することができます。自然の風合いが心地よく、力強さを感じさせる...まるで建築雑誌などで見るようなこだわりの空間がデザインできます。
 日本の住まいは空間や続き間のように、広い空間を襖や障子で仕切り、生活シーンに応じて多彩に活用してきました。強さにゆとりがある「ロイヤルSSS構法」なら、仕切りのない大空間も自由自在。吹き抜けの大ホールや、大きな窓から陽射しがふりそそぐ開放感あふれるリビング、お子様の成長に合せてフレキシブルに間取り変更できるプライベート空間など、ご家族のライフスタイルに応じて柔軟にデザインできます。

  • facebook
  • twitter