BLOG

久留米市  KS様邸  「自然に優しい杭工事」

2017/02/11
ロゴ

2016.11.24  「杭工事」

地耐力測定の結果、残念ながら地盤補強が必要と考察されました。・・・想定外です。また、杭の支持層がかなり深い!

杭工事種別を選択、見積、お施主様に報告。承諾を得、杭工事に着手。

通常、セメント改良杭が公共工事等にも採用されていますが、※六価クロムの検出が心配ですので。

採用したのは、自然に優しいハイスピード工法。

地面に孔を掘削し、砕石を充填します。摩擦杭ですね。この工法は、熊本地震でも地盤沈下に対し有効と実証済です!

・掘削中

s-杭11 (3)

 

 

・掘削完了

s-杭11 (5)

 

・砕石充填

s-杭11 (4)

 

※六価クロム

 セメントを土と混ぜると、化学反応をおこし「六価クロム」という有害物質が発生するキケンがあります。「六価クロム」とは、昨今、

世間を大きく騒がせた「アスベスト」と並ぶ、二大発ガン物質の1つで、LARC(国際がん研究機関)からもリストアップされています。

マイホームでは、庭で子供が遊んだり、家庭菜園を行ったりと様々な生活がありますが、セメント系の地盤改良を行った場合、この六価クロム

発生するリスクがあります。 夢のマイホームで健康を害する可能性が少しでもあるのは嫌なものです。

セメント系の地盤改良工事を行う場合は、ご担当の住宅会社の方に十分にご相談のうえ、ご検討されることをお薦めします。
(※セメント系の地盤改良を行った場合、必ず六価クロムが発生するということではありません。六価クロムの発生メカニズムは完全には解明されていないことが問題となっています。)

 

 

鑓水建設株式会社 ロイヤルハウス筑後北店

本社
〒839-1411 福岡県うきは市浮羽町流川77-2
TEL 0943-77-5276
FAX 0943-77-5372

当社Facebookはこちら
http://on.fb.me/1NtvIi6