BLOG

あれ、熱くない!! 「トップヒートバリアー」

2017/07/25
ロゴ

少しビックリしたことが、あったのでブログへ。

昨日、日本遮熱様が来社されました。前から気になっていた会社で、質問の嵐 ^^

日本遮熱㈱の「トップヒートバリアー」 

・遮熱の基本

暑さ寒さは、気温(温度)と輻射熱の量で決まる。

気温25度でも、表に出るとジリジリ汗が出るほど暑さを感じます。思わず木陰や建物の影に入ると涼しく感じます。体温36.5度より低い温度なのに何故暑さを感じるのでしょうか。
これは、太陽からの輻射熱が人体に照射されることによって、体自体が温まってしまうためです。
下図は、日陰と日向の違いを描いています。ざっくりですが、風が吹いていると日陰も日向も温度も湿度もほぼ同じです。しかし、日陰に入ると明らかに涼しさを感じます。

日本遮熱  

 

・通常のガルバ角波鋼板とトップヒートバリアーを裏張した鋼板の裏面を電熱器で加熱!当然裏張したほうが熱放射は少ないですね。

それは、わかります。次に表面を電熱器で加熱、触ってみると両方とも同じくらい熱い熱い!しかし手を5センチ離して比べてみると、全然ちがうではありませんか!???明らかに裏張の方が熱の放射が少ない???なぜ???

そこで、電磁波について一晩勉強!私の結論は赤外線レベルの電磁波を反射したから。・・・正解!

正確には紫外線以下(8000THz程度)の電磁波は98パーセント反射するそうです。可視光線・赤外線・携帯電話・電子レンジ・IHヒーター・テレビ・

ラジオなどなど。それ以上の高周波、X線・Y線・放射線などは透過してしまうとの事。

 

勉強になりました!

これからは、お施主様にはオススメしましょう。

日本遮熱2

 

 

鑓水建設株式会社 ロイヤルハウス筑後北店

本社
〒839-1411 福岡県うきは市浮羽町流川77-2
TEL 0943-77-5276
FAX 0943-77-5372

当社Facebookはこちら
http://on.fb.me/1NtvIi6