GALLERYギャラリー

モダンな和室 床の間には掛け軸のようなクロスに間接照明 ホールの木縦格子は引戸と目隠しに~うきは市・Y様~

施工例 詳細

  • 木造在来工法2階建ての4LDK。構造のの基礎は高耐久ベタ基礎で基礎コンクリート巾は150ミリ。木造躯体は杉・米松・構造用集成材を組み合わせ、耐震性を考慮し1メートル角の格子組の梁に28ミリの構造用合板を張り、水平耐力アップ。屋根デザインはシンプルに片流れ、ストレート陶器瓦仕上げでメンテナンスフリー。外壁は窯業系サイディングのホワイト系にアクセントで木目調を配色しました。サッシはリクシルのサーモスL(Low-e複層ガラス)(遮熱タイプ)です。また、断熱材は現場発泡硬質ウレタン吹付(アクアフォーム)で気密性アップ。プラスアルファで外壁西面に熱遮断率97パーセント遮熱シートを張付け。施主様が唯一気にされていたホールから和室への入口の引き違い戸はホールの洋風と和室の和風の両方からみても違和感が無いように縦の格子戸を採用。その格子に合せ正面トイレの目隠しに縦格子、リビングへの入口ドアも縦木目デザインへ変更。内部洋室の床はホワイト系(1階は木目調・2階は大理石調)で光沢があり、かつ表面強度の高い床暖房対応のフローリング。建具・化粧梁・キッチン・階段の踏板などアクセントで濃いブラウン色。拘りの和室8帖は大壁でなるべく縁を見せないようにスッキリモダンかつ縁なし畳。床の間の背面壁に窓と間接照明を入れたため前面に造られた壁と背面壁のクロスを変え掛け軸をひきたたせるように、かつ窓が2面にありますので、通風可能高級感ありの和風モダンに仕上がりました。もうひとつの和室6帖は収納と風の通りを考えクローゼットの下に窓を追加。システムバスの浴槽カラーは少し派手かと思いましたがそうでなく、高級感があります。建物構造からエアコン・カーテン・神棚まで総合的に計画設計・デザインされたお住まいは上品かつ綺麗に仕上がりました!

 

 

一覧を見る